ホームページ制作に関する専門的な事がわからなくても実は誰でも簡単に行う事ができるecサイト構築
誰でも簡単に始められるecサイト構築
electroniccommerce

友達サイト集7

SEOを会社に依頼する場合

SEOを会社に依頼する場合には、たくさんある会社の中からどんな会社にお願いするのかを自分で決定しないといけません。

SEOをお願いする時には、行き来できる距離にある会社を常に選択しないといけないという事はありません。

かなり遠い所にある会社と取引する事もできます。そうなれば、かなり広い選択肢があるという事になります。またSEOのサービスはseo会社によっては価格や料金体系がかなり異なる事があります。

価格ばかりに惑わされるのではなくて、しっかりといい会社を選ぶようにしましょう。また、SEO対策を行ってもすぐに結果がでるという事はなく時間がかかりますので、その事も頭に入れておきましょう。

seoのアップデートのタイミング

検索エンジンは不定期にアップデートをしていると考えられています。アップデートは主に検索アルゴリズムによるものですが、ハミングバードのように検索方法に直接影響がある場合も少なくありません。

ハミングバードは会話型の検索スタイルをGoogleにもたらし、RankBrainは人工知能を用いてウェブページの表示、索引付を行うようになりました。これらの進化はseoにとっては脅威となっており、新たなテクニックが開発されようとしています。ただし、seoでは難しいコンテンツ自体のチェック構造部分をどのように改善するかがネックとなっています。

seo対策におけるアプローチの方法

今のseo対策を考える時には、検索システムに対するアプローチの方法としては、AIによるサイトのクロールを検討することから始めます。自分のサイトがしっかりと検索システムに認知されているのかがまずは大切なのです。

seoを考えるうえでは、検索システムのクルーラーが巡回しやすいサイトになっていることはまずは最初の基礎となる部分です。これが出来た上で、検索システムが重要なサイトだと認識されるようにしていく必要があります。具体的にはサイトの階層構造を出来るだけフラットにして、サイトへの訪問者が使いやすくするなどが考えられます。

seoに求められる意図は何か

seoに求められる検索システムの意図はよりサイト内のコンテンツを充実させることと考えていいでしょう。今の検索システムではAIという人工知能がシステムを作るようになってきているといわれ始めています。

AIは全ての経験を積んで自分で成長をすることが出来るので、どんどんと検索システムが進化をしているといっていいでしょう。これによりseoも進化することが求められることになります。

ただ、方向性というのははっきりとしていて、サイトをより充実したものとするということは従来と変わりません。従来はそれを被リンク数で考えていたのですが、これが変わりつつあるということです。

seoはAIを考えて強化する必要がある

今のseoはAIを考えて強化する必要があります。何故かというと今の検索システムにはAIといわれる人工知能が組み込まれているからです。これはいろいろな経験を積んで成長していくタイプと考えられています。

つまり、検索システムは日進月歩で進化をしているというわけです。検索システムが日々進化を続けているわけですから、これによってseoも当然進化をしていく必要性があるわけです。基本的にどんどんとサイトのコンテンツを重視する方向性で強化されていっていると考えていいでしょうから、サイトの内容を充実させて更新頻度を上げることが大切です。

サテライトサイトを使ったseoがもたらした弊害とは

サテライトサイトがseo対策として有効とされているのは、質の良いサイトを作ると多くの大阪の人に検索されて、メインサイトに被リンクを送ることで、メインサイトのページランクが上がりやすくなるからです。

しかし、質の低いサテライトサイトを大量に作ると、検索エンジンからメインサイトが除外されてしまうおそれがあります。ページランクを上げるためのseo対策を行いたいのであれば、質の良いサイトをたくさん作ることが重要になります。コンテンツの中身の充実が必要と言われていますから、できるだけ役立つ記事を掲載しましょう。

seoのペンギンアップデートとは

seoで使うペンギンアップデートは、グーグルで検索する際に使用されているアルゴリズムの一つで、ある条件を満たしていないものの検索結果の順を下げるようなシステムです。

内容が薄いものや、質の低いサイトの検索結果を下げるパンダアップデートと異なりこちらは、スパム行為をしているものや、ウエブ上の決まりごとに関して違反しているようなサイトを順に下げます。初めて導入されたのは2012年の4月でそこから6回ほどアップデートを繰り返しています。他のシステムとは異なりいつ、何時にアップデートをしたのかということを追いかけることは難しいです。

ペンギンアップデートでseoの質が変わった

ペンギンアップデートを導入したことで、より高いseo対策をしないと駄目な状況になりました。今までは色々な方法を使って、対策をすることが可能となっていましたが、現在はスパムなどの問題、設定されているガイドラインに著しく違反しているなどの状況については、検索順位を下げるようになりました。

対策している時に、スパム行為とされている問題を起こしているサイトは、危ないサイトとして判断されることになり順位を下げられることになりました。そして設定されているガイドラインに違反するところも、どんどん違反扱いになって順位を下げられてしまったのです。

seoのペンギンアップデートについて考える

一体どのようなサイトが対象になるのか…検索結果をなるべく上位にもっていきたい、自分でサイトを運営している人にとってはとても大切なことですよね。まずなぜseoにペンギンアップデートが導入されたのかを考える必要があります。

匿名性の強いインターネット上ではルール無視や、スパム行為が簡単に行われがちです。しかしそういったサイトばかりが検索結果の上位にくるようだと使う側としてはとても不便です。そういったことを解消するために導入されています。ルールを守った上で、読んだ人にとってタメになるような記事を書く、これが一番大切なことなのではないでしょうか。

どんなサイトがseoのペンギンアップデートに引っかかるのか

seoにおいてペンギンアップデートが導入されたことによって一体どのようなサイトが対象に入るのかがサイトを自分で運営している人は気になりますよね。まずはウエブ上のルールを無視しているサイトです。

こちらは仮にペンギンアップデートがなかったとしても沢山の人が見る可能性のあるインターネット上のサイトを運営するのであれば真っ先に気を付けておきたい所です。また他のサイトから文章や、記事を持ってきて少しだけオリジナリテイを付け加えたものは対象に入りやすいです。様々な所から知識を入手することも大切ですが、自分なりの文章やデザインでまとめることを大切にしましょう。

seoに関する記事